緑和会まつりは、予定通り開催いたします

 

 

台風19号の影響が不安でしたが、

 

緑和会まつりは予定通り開催することができそうです。

 

利用者のみなさんも毎日盆踊りの練習をしていて、

 

まつりをとても楽しみにされている様子です。

 

 

今日は晴れた天気のなか、

 

川崎区の地域の方にもご協力いただき、やぐらの組み立てを行いました。

 

みなさんありがとうございました!!

 

あとは、天気が崩れないことを祈るのみです。

 

 

 

 

事故防止活動の取り組みについて

 

 

緑和会では、施設長、リスクマネジメント委員会を中心に、

 

事故防止活動の取り組みをスタートしました。

 

 

この取り組みについては、リスクマネジメント研修の講師である

 

ジェイアイシー九州㈱の竹内さんにもご協力いただいております。

 

 

まずはパートを含む職員のみなさんから、

 

「ちょっと使いにくいな」「危ないな」など、色々な気づきを挙げてもらいました。

 

日頃から現場で働いている職員さんだからこそ、

 

様々な視点からの意見を拾い上げることができました。

 

 

今は、すぐに取り組めそうなものから改善できるよう検討をすすめているところです。

 

 

「出入口のカーブミラーが見えづらくなっている」との報告には、

 

栄野比学園、事務所の男性職員が、凹みや位置などの修正を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

暑い中の作業、お疲れ様でした!

 

 

ほかにも、

 

「植木が大きく育って、曲がり角が見えづらい」との報告には、

 

環境整備のパート職員の方がすぐ対応してくださいました。

 

 

 

 

利用者の方、職員の方、皆さんが安全で安心して過ごすことができるよう、

 

引き続き取り組みをすすめてまいります。

 

不審者侵入対策講習会を行いました

 

令和元年9月17日に

 

うるま警察署生活安全課の方をお招きして、

 

不審者侵入対策講習会を行い、32名の職員が参加しました。

 

講話と実技を交え、

 

施設内に不審者が侵入した際の対応の基本を学びました。

 

 

 

 

 

 

 

防犯グッズだけでなく身近にあるイスなども、

 

いざという時には身を守る道具となることがわかりました。

 

 

普段から危機意識をもって、安全対策を講じていく必要性を

 

改めて感じることができました。

 

☆緑和会まつりボランティア募集☆

 

令和元年 緑和会まつり

☆ボランティア募集のお知らせ☆

 

 

ボランティア募集チラシ

 

 

【と き】令和元年10月12日(土)17:00~20:00

 

【ところ】緑和会中庭(うるま市字栄野比939) ※雨天時は屋内開催。

 

【内 容】見守りボランティア

利用者の方と一緒に、盆踊り・屋台・ゲームなど、まつりを楽しみませんか??

 

【備 考】

  • 18歳以上の方。(夕方開催のため)
  • 軽装(運動靴・タオル)
  • 駐車場あり

 

【お問い合わせ】緑和会まつり実行委員 ボランティア担当:屋宜

 

 

 

 

 

令和元年度 緑和会まつりを開催いたします。

 

令和元年度 緑和会まつり

 

【と き】令和元年10月12日(土)17:00~20:00

 

【ところ】緑和会中庭(うるま市字栄野比939) ※雨天時は屋内開催。

 

【内 容】ダンス、盆踊り、エイサー、お菓子の屋台、ゲームコーナーなど

※一部変更になる場合があります。

 

 

 

 

交通安全講習会を行いました

 

8月22日(木)、

 

大同火災海上保険㈱あんしん・あんぜん推進室の照屋さんをお招きして

 

安全運転講習会を行い、30名の職員が参加しました。

 

事故事例をとおし、安全運転の重要性を改めて認識することができました。

 

 

 

講習後は、あおり運転への質問が挙がり、

 

対応方法等についても教えていただきました。

 

 

気遣いの心を持って、これからも安全運転に努めてまいります。

 

施設のリスクマネジメント研修

 

7月24日(水)に、第2回施設のリスクマネジメント研修を行ない、

 

40名の職員のみなさんが参加してくれました。

 

 

ジェイアイシー九州株式会社の竹内さんには、

 

福祉施設での事故事例や、

 

効果的なリスクマネジメントの取り組み等についてお話していただきました。

 

 

危険予知トレーニングでは、

 

「トイレ」「プレイルーム」「廊下・階段」の場面でどんなリスクが

 

隠れているのか、グループワークを通して考えました。

 

 

 

 

 

リスクに気づいたとき、多くの対策案を出し合いながら、

 

みんなで検討していくことの大切さを認識することができました。

 

 

 

8月には各施設のリスクマネージャーを中心として

 

「危険箇所点検運動」を企画しています。

 

職員ひとりひとりの目線から、多くの気づきを共有していきたいと思います。

 

新人研修を行ないました

 

 

パートタイマー・非常勤勤務の方を含む6名の方が

 

緑和会に入職され、理事長より挨拶をいただきました。

 

 

 

 

 

今回は栄野比の里、緑の里、栄野比学園の3施設合同で、

 

下記の内容で新人研修を行ないました。

 

「法人の沿革、法人理念」

「就業規則」

「社会人としての基本姿勢」

「接遇マナー」

「障がい福祉制度、障がい特性」

「各施設の事業」

「障がい者虐待防止、自己覚知」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

障がい福祉分野で働くのは未経験という方もいらっしゃいますが、

 

仕事への取り組む姿勢や、安心感や信頼関係を築く接遇マナー、

 

障がい者虐待防止などの研修を通して、

 

一人ひとりが職員としての心がまえを認識できたかと思います。

 

 

最終日は各施設を見学して、

 

新人職員のみなさんは利用者の方と楽しそうに会話されていました。

 

 

これから一緒に成長しながら、緑和会を支える一員として

 

頑張っていきましょう!よろしくお願いします。

「普通救命講習Ⅰ」を実施しました

 

6月25日(火)、6月27日(木)の2日間、

 

うるま市消防本部の方をお招きし、

 

普通救命講習Ⅰを実施しました。

 

研修日を3回設けたため受講者数も多く、全体で71名が受講しました。

 

 

 

当法人では、毎年定期的にAED講習会を実施していますが、

 

今回はAEDの取扱い、心肺蘇生、異物除去等について、

 

約3時間にわたり学ぶことができました。

 

 

 

 

 

 

研修最後には、

 

当法人に設置しているAEDを見せていただきました。

 

講習で使用したものとは違い、

 

身近にあるAEDの中身を見る機会はあまりないので、

 

職員も興味深そうに耳を傾けていました。

 

 

 

 

 

この研修会終了後には、

 

うるま市消防本部より「普通救命講習修了証」が交付されます。

 

 

緊急時の対応に備え、

 

引き続き知識と技術を学んでいきたいと思います。

 

 

介護技術スキルアップ研修を行ないました

 

 

年を重ねても、利用者の方が心地よく生活できる環境を整えたいと、

 

緑和会では、介護技術のスキルアップ研修を行ないました。

 

合計50名の職員が参加してくれました。

 

 

利用者の方・職員みなさんが安心して過ごせるよう、

 

標準化された支援を行えるようになることを目的として、

 

一年間を通して介護技術の習得を目指します。

 

 

 

この取り組みでは、講師であるアドバイザーを中心に、

 

施設毎にスキルアップリーダーを選出して、

 

現場の職員みなさんをサポートしていきます。

 

 

まだスタートしたばかりの取り組みですが、

 

研修前に各リーダー同士の顔合わせを行ないました。

 

 

 

 

 

第一回目の研修は、「移乗介助について」でした。

 

立ち上がりの仕組みをペアになって検証。

 

 

講師からアドバイスをもらいながら、

 

利用者の方と職員がお互いに無理なく介助できる方法を考えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職員の方が参加しやすいように、

 

今回は午後にも同じ研修を行ないました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研修で学んだことを基本に、

 

実践できるよう意識しながら取り組んでいきたいと思います。